小児患者の減少は単に少子化だけでない?!

 日本小児科学会は、小児科学、小児医療・小児保健、小児科医の生涯教育に対する行動指針を盛り込んだ「将来の小児科医への提言 2018」(以下、提言 2018)を7月31日に公式サイトで公開した。提言 2018は前回から2年ぶり。わが国では入院患者を含む小児患者が減少しているが、単に少子化の影響だけでないという。提言 2018では3つの課題である「コミュニティ」「学術研究」「小児医療提供体制」への提言を行った。