眼科で発症前の認知症をスクリーニング?

 眼底疾患の診断に用いられる光干渉断層血管撮影(OCTA)は、臨床症状が発現する前のアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病:AD)に対し、非侵襲的で費用も安く、迅速に行えるスクリーニングツールとなる可能性が症例対照研究で示唆された。米・Washington University in St. LouisのGregory P. Van Stavern氏らがJAMA Ophthalmol2018年8月23日オンライン版)で発表した。