高齢患者のHbA1c目標値、もっと簡単に算出

 2016年、日本糖尿病学会と日本老年医学会は、高齢糖尿病患者のHbA1c管理目標値について認知機能および日常生活動作(ADL)などにより3つのカテゴリーに分けて設定する「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標」を合同で発表した。カテゴリー分類には21項目の質問を行う必要があったが、8項目の質問から成る短縮版でも遜色なく分類できることが分かった。日本老年医学会が昨年(2018年)11月に公式サイトの「高齢者診療におけるお役立ちツール」で公表し、日本糖尿病学会は今年3月4日に日本老年医学会公式サイトへの誘導を知らせた。(関連記事:「高齢者糖尿病の血糖管理目標発表、"下限値"も」「高齢者血糖管理目標の根拠」)