コレステロールは動脈硬化や脳卒中、心臓病などと密接な関連があることは明らかになっているが、驚くべきことに自殺とコレステロールにも関連性があるという。このほど、国立がんセンターの研究グループが、女性では血液中のコレステロール値が高いと自殺リスクが上昇すると、医学誌「Acta Psychiatrica Scandinavica」(2017 May 26)に発表した。