「減塩」の文字が入った醤油、味噌などの調味料や外食産業のメニューをよく目にするようになった。塩分を取りすぎると、脳卒中や腎臓病などの原因である高血圧を引き起こすため、日本高血圧学会や日本高血圧協会では減塩を勧めている。しかし減塩ならぬ、食塩無添加食を自ら料理するドクターがいる。日本高血圧協会の公式サイトで、そのブログが紹介されている。