認知症患者は世界に約5,000万人おり、2050年までに1億3,100万人に増えるともいわれている。子供や配偶者などが介護に当たるケースも多く、北米では1,600万人が家族を介護しているとのデータもあり、介護者の負担が懸念されている。米・Baylor UniversityのChenlu Gao氏らは、認知症介護者の睡眠時間が週に2.5~3.5時間程度不足し、睡眠の質も低下していると報告(JAMA Netw Open2019; 2: e199891)。患者を介護する家族のケアも必要であると提言した。