PPI長期使用が鉄欠乏症に/道交法の認知症診断の責任は誰に? 2017年04月04日号
メディカルトリビューンウェブ
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/mail/2017/170404507667/

写真募集

注目記事
新着記事ピックアップ

新着連載記事一覧

快刀乱麻(15) 改正道交法の認知症検査、診断責任は誰に

  道路交通法が改正され、今年(平成 29 年) 3 月から施行されている。この中で、医師にとって関係の深い規定の1つが、運転免許更新時や一定の交通違反を犯した際に警察で行う簡易の認知機能検査の結果、「第 1 分類」(認知症の疑いあり)となった 75 歳以上の高齢者が公安委員会の指示により、認知症であるかどうかの検査・診断を受けることが求められるようになった点であろう...(続きを読む

結核性髄膜炎とオーサーシップの怖い話

研究の背景:結核性髄膜炎はまれだが怖い、そして研究は難しい 世界人口の3分の1が感染しているといわれる結核菌。しかし、発症するのはわずかに1割であり、その大多数は肺結核だ。肺外結核、特に中枢神経系を侵す結核性髄膜炎は途上国ではそう珍しくないが、先進国になると比較的まれになる(日本は先進国の中では結核の多い国なので、「超レア」ではない)...(続きを読む

ワシントンD.C.と2つのトランプ

 第66回米国心臓病学会年次集会(ACC2017)の取材に行ってきました。開催地は、今何かと話題を振りまくトランプ新大統領のお膝元・ワシントンD.C.。新たなリーダーを迎え、さぞや熱気に溢れた街なのだろうと思っていたのですが、到着日の気温は氷点下2℃!そこかしこに雪が残り、冷たいビル風が容赦なく吹き付けてきます...(続きを読む

お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはmt@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
配信停止を希望される場合
  • 配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • メールマガジンが完全に配信停止されるまで、最大で7日程度かかります。
  • メールマガジン以外の一部のメール(例:謝礼付アンケートのご案内など)については、
    メルマガ配信停止の有無に関わらず、お送りさせていただくことをご了承願います。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン