希望しない患者にも心肺蘇生を/元ちゃん「緩和ケアを考える」 2017年04月10日号
メディカルトリビューンウェブ
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/mail/2017/170410507679/
注目記事
新着記事一覧
シンプルな英語だけど何と訳す?(編集部・牧野勇紀)

 先月、栃木県那須町のスキー場付近で起きた雪崩事故は、高校生ら8人が死亡するという傷ましいものでした。安全面への疑問がぬぐえないなかでラッセル訓練を実施、まだ未来のある若者を巻き込んだことに誰もが悔しい思いを抱いたのではないでしょうか。個人的には、事故現場がスキー場の近くだったことに驚きました。レジャーで行くスキー場は「管理された安全な場所」と思い込んでいたからです。

 さて、「最重要点の怒涛の反復です!」のフレーズでお馴染みの、仲田和正氏の「Doctor's Eye」は、この事故に関連して低体温事故の総説を解説しています。

 最重要点の1つとして「No one is dead until warm and dead !」がありますが、この英語が分かりにくいとの声を頂きました。英語が不得意な私が訳すと、「暖かく死ぬまでは、死ぬ人はいない」。これでは何の事だか分かりませんね。そこで、適当にググってみると、適当な訳が見つかりました。

 「復温するまでは『死』ではない」です。仲田氏の解説に沿うと、「だから、体外再加温が完了するまではCPRを行え」と続くのでしょう。

それでは最重要点の怒涛の反復です!

No one is dead until warm and dead !

(他の最重要点は本文でご確認ください)

関連記事

4/1〜4/6更新記事コメント数TOP10
  1. PPI長期使用が鉄欠乏症リスクに≪64≫
  2. 対テロ、特殊な手術できる外科医を養成≪58≫
  3. 外科必修化で救急医療の崩壊を防げ≪56≫
  4. 糖尿病管理状態が肺結核治療反応性に影響≪53≫
  5. 熊本地震後のDVT3,200例超のデータ≪51≫
  6. 術後低タンパク血症、血液製剤推奨せず ≪51≫
  7. 健診の基準統一に向け協議会設置≪50≫
  8. 4種配合降圧薬は高血圧治療に有効か≪49≫
  9. アザミの成分に「AD改善効果」≪49≫
  10. 後発品の品質情報集「ブルーブック」公開≪48≫
連載・シリーズピックアップ

ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし!
第6回:緩和ケアを考える

読み解くためのキーワード
たばこ規制枠組み条約

2017花粉症対策
花粉飛散動向(6)飛散変動大きく

クイズ世界の医療時事
Q:鎌状赤血球症の遺伝子治療に成功した国は?

Doctor's Eye 総合診療
雪崩では35分未満の救出を目指せ!

弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻!
快刀乱麻(15) 改正道交法の認知症検査、診断責任は誰に
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはmt@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
配信停止を希望される場合
  • 配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • メールマガジンが完全に配信停止されるまで、最大で7日程度かかります。
  • メールマガジン以外の一部のメール(例:謝礼付アンケートのご案内メールなど)については、メルマガ配信停止の有無に関わらず、お送りさせていただくことをご了承願います。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン