急性蕁麻疹にステロイドは無効/抗精神病薬とメタボ関連因子 2017年05月15日号
メディカルトリビューンウェブ
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/mail/2017/170515508520/
注目記事
新着記事一覧
「成人期ADHD」該当者が多いのは医師だけ?(編集部・岬りり子)

 先日、米国の研究グループが開発した成人期の注意欠如・多動性障害(ADHD)のスクリーニングツールに関する研究論文をご紹介しました。このツール、「直接話しかけられているのに話に集中できない」「ぎりぎりまで物事を先延ばしにする」など6項目について、その頻度を5段階で評価するというもの。記事に対し、「医師では当てはまる人が多いのでは」といったコメントをたくさんいただきました。

 しかし、当てはまる人が多いのは医師だけではありません。私の周囲を見渡すと、あの人も、あの人も...。かくいう私も、難解な上司の話に付いていけず上の空、ふと気付けば明日が編集作業のデッドラインでパニック、の日々。むしろ、これらの項目に当てはまらない人の方が珍しいのではないかという気にもなりますが、あくまでもこれはスクリーニングを目的としたツールであり、当然ながらADHDの診断は生育歴や生活歴の聴取を通じた多動性・衝動性、不注意などの詳細な評価が行われた上でなされます。

 最近、タレントや経済評論家などの著名人が当事者であることを公表するなど、一般メディアでも成人期ADHDの話題を目にする機会が増えました。成人期ADHDの当事者は職場や家庭で困難な場面に直面し、失業や家庭不和、事故などを経験しやすく、うつ病など他の疾患を合併するリスクも高いとされています。

 過剰な診断や治療が行われる状況は回避されるべきですが、スクリーニングをきっかけに適切な治療を受けられる当事者が増えるのであれば、こうした簡便なツールの普及に期待したいところです。ただ、研究グループはツールの精度を別の人口集団で検証する必要性も示唆しており、その実用化まではしばらく待たねばならなさそうです。

関連記事

5/6〜5/11更新記事コメント数TOP10
  1. スマホのアプリで禁煙治療≪58≫
  2. 東京医科歯科大で傷害事件≪58≫
  3. 3億人が肝炎ウイルスに感染≪54≫
  4. 経管栄養で肺炎発症が増える≪53≫
  5. 潜因性脳梗塞の治療、心房細動が鍵≪51≫
  6. AD患者の精神症状、再発率は?≪48≫
  7. リーガロイヤルホテルで集団食中毒≪47≫
  8. AHA、心不全バイオマーカーに期待≪46≫
  9. 日本発のALS治療薬、米国で承認≪46≫
  10. 容疑者、刺傷歯科医と「知り合い」≪43≫
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはmt@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
配信停止を希望される場合
  • 配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • メールマガジンが完全に配信停止されるまで、最大で7日程度かかります。
  • メールマガジン以外の一部のメール(例:謝礼付アンケートのご案内メールなど)については、メルマガ配信停止の有無に関わらず、お送りさせていただくことをご了承願います。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン