食の欧米化で日本人は健康に/薬剤耐性対策で日本の死亡率減少も 2017年05月29日号
メディカルトリビューンウェブ
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/mail/2017/170529508675/

東急不動産

新着記事一覧
抗菌薬で板挟み?(編集部・陶山慎晃)

 先月取材した第91回日本感染症学会/第65回日本化学療法学会では、薬剤耐性(AMR)の問題が一つの大きなトピックとなっていました。とりわけ、昨年(2016年)にわが国が策定したAMR対策アクションプランに関するセッションでは、国立研究施設や大学、クリニックなど、多様なフィールドで活躍する感染症診療のエキスパートたちの発表や、厚生労働大臣・塩崎恭久氏の講演が行われるなど、両学会の意気込みが感じられました。

 それらのうち、われわれ一般市民にとって身近に感じられたのが、「かぜと抗菌薬」の話題。ご存知の通り、かぜ症候群の主な原因はウイルスですが、中浜医院(大阪市)院長・中浜力氏が報告したアンケートの結果によると、約6割の医師が、「患者が希望した場合は抗菌薬を処方する」と回答したそうです。

 日常診療において抗菌薬を適正に使用し、AMRリスクを回避しようと心がけている医師は決して少なくないと思います。しかし目の前にいる患者に、「診療してもらった」という実感と「希望に応えてくれた」という満足感を与えることもまた重要なことでしょう。

 アンケートの結果からは、自身の責務と患者の意向の板挟みに悩む医師の姿が浮かぶように感じました。

 ところで、中浜氏の発表後の質疑応答で出た「こうしたアンケート自体が、抗菌薬の適正使用を啓発する側面もあるのではないか」という意見には思わず膝を打ちました。

 アンケートは、抗菌薬がどのように処方されているか探り、問題を提起する「目的」を果たすための「手段」ではありますが、この「手段」自体に効果があるというのです。確かに、抗菌薬の投与法を自然と再考することにもなりそうですね。

 「手段の目的化」という言葉は否定的に捉えられがちですが、こういった「手段の目的化」なら歓迎したいです。

関連記事

お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはmt@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
配信停止を希望される場合
  • 配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • メールマガジンが完全に配信停止されるまで、最大で7日程度かかります。
  • メールマガジン以外の一部のメール(例:謝礼付アンケートのご案内メールなど)については、メルマガ配信停止の有無に関わらず、お送りさせていただくことをご了承願います。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン