東京都でもヒアリ発見/6月ベスト4をあれが独占 2017年07月10日号
メディカルトリビューンウェブ
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/mail/2017/170710509407/
注目記事一覧

【更新中】第62回日本透析医学会学術集会・総会レポート掲載

【特設サイト】糖尿病2017随時更新中

【特設サイト】第60回日本腎臓学会レポート掲載中

難しいさじ加減、記事加減(編集部・陶山慎晃)

 先月中旬に取材してきた日本老年医学会では、高齢者に関する医療問題の多様さ、根深さを改めて認識するセッションが多数ありました。

 なかでも記事「適切な減薬に7つのポイント」には、多数のコメントが寄せられ、高齢者におけるポリファーマシー(多剤併用)の問題に多くの先生が関心を持ち、苦労していることがうかがえました。

 しかも、数が多いだけではなく「普段から思っている事を吐き出している感じで、コメント欄が狭すぎる先生もいらっしゃいますね」とのコメントを頂戴するほど、気持ちのこもった意見を下さった先生も少なからずいらっしゃいました。ありがとうございます。

 頂戴したコメントを拝見しますと「勿論不適切な薬剤の投与は控えたいが、制度やシステム、患者の事情などがあるため、適度な減薬を実現するのはなかなか難しい」といった内容のご意見が大勢を占めていたようです。

 「医者の薬もさじ加減」とは、医者がどんなに良い薬を処方しようとしても、投与量が正しくなければ効果がないように、何事も適度な加減が大切であるという意味のことわざですが、「適度な加減」というのは言葉でいうほど簡単ではないのでしょう。ポリファーマシーの改善に最も適した「さじ加減」を探る動きをこれからも注視していきたいと思います。

 ちなみに私の場合は、いつも記事の「適度な加減」に悩んでいます。文字数が多すぎては読むのが大変だし、少なすぎては意味が十分伝わらない。"さじ加減"ならぬ"記事加減"にああでもない、こうでもないと頭を抱える日々です。

関連記事

お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはmt@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
配信停止を希望される場合
  • 配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • メールマガジンが完全に配信停止されるまで、最大で7日程度かかります。
  • メールマガジン以外の一部のメール(例:謝礼付アンケートのご案内など)については、
    メルマガ配信停止の有無に関わらず、お送りさせていただくことをご了承願います。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン