離島発!あの文具で開窓処置/北野氏解説ASCOがん免疫療法 2017年08月21日号
メディカルトリビューンウェブ
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/mail/2017/170821510288/
注目記事一覧

【特設サイト】第26回日本心血管インターベンション治療学会レポート掲載中

【特設サイト】第62回日本透析医学会レポート掲載

【特設サイト】糖尿病2017随時更新中

【特設サイト】第60回日本腎臓学会レポート掲載中

星一徹のちゃぶ台返しも今は...(編集部・牧野勇紀)

 ご紹介した記事「うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す」は第14回日本うつ病学会での講演内容で、うつ病の軽症化・多様化もテーマの1つでした。精神科の臨床現場では、従来のメランコリー型うつ病が減少し、軽症化・多様化が進み、初診での診断が困難な症例が増えているといいます。

 講演内容によると、その要因として家庭から教育までの種々の抑圧構造が少なくなってきていることを挙げていました。抑圧が減少すれば反発するエネルギー(症状の重さ)も小さくなるということでしょうか。また、生活全般に多様化が進んだことも要因として考えられるそうです。

 講演では、この発表スライドの隅にスポーツ根性ものマンガ「巨人の星」で有名なワンシーンが挿絵として掲載されていました。頑固おやじの星一徹がちゃぶ台をひっくり返しながら息子の飛雄馬を平手でなぐり、その後ろでは飛雄馬の姉、明子が心配そうに見つめている、「巨人の星」を知っている人なら誰もが思い浮かべられるあのシーンです。 

 発表の先生は「お若い先生方、これ、なんだか分かりますか?」と「巨人の星」を説明し、「家庭内暴力ではありません」と会場の笑いを誘っていました。

 再放送とはいえ「巨人の星」のアニメを見ていた私にとって「家庭内暴力」という指摘は意外でした。しかし、子育てでの体罰の防止運動を政府が展開する時代、「巨人の星」が家庭内暴力というのも合点がいきます。時代によって物事が変わってしまうという例え、とても納得できました。

関連記事

お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはmt@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
配信停止を希望される場合
  • 配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • メールマガジンが完全に配信停止されるまで、最大で7日程度かかります。
  • メールマガジン以外の一部のメール(例:謝礼付アンケートのご案内など)については、
    メルマガ配信停止の有無に関わらず、お送りさせていただくことをご了承願います。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン