2017年11月20日号
メディカルトリビューンウェブ
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/mail/2017/171120511664/
注目記事一覧

【NEW】【特設サイト】米国腎臓学会(ASN)2017レポート更新中

【特設サイト】第58回日本肺癌学会学術集会/第18回世界肺癌学会議レポート掲載中

【特設サイト】世界睡眠会議(World Sleep)2017レポート掲載中

【特設サイト】第58回日本神経学会学術大会レポート掲載中

【特設サイト】糖尿病2017随時更新中

<東海・中部エリア> お勧め医師求人 - Medical Tribune Career
新型たばこはなぜ「推奨できない」だったか(編集部・高田あや)

 昨年くらいから、新型たばこが「人気急上昇」「入手困難」といったニュースが流れていましたが...たしかに、最近は街中でも新型たばこを吸っている人をよく見かけるようになりました。

 こうした状況を鑑み、日本呼吸器学会が発表した「非燃焼・加熱式たばこや電子たばこに対する見解」の記事「呼吸器学会が『新型たばこは推奨できない』」には多くの反響を頂きました。禁煙や受動喫煙の問題とともに、医療従事者でも新型たばこに関する関心が高いことをあらためて感じています。

 記事中では詳細は触れませんでしたが、同見解では、新型たばこの主流煙中に燃焼式たばことほぼ同レベルのニコチンや揮発性化合物、約 3 倍のアセナフテン(多芳香環炭化水素物)などの有害物質が含まれているとの報告があります。その一方で、新型たばこ使用者の尿中に排泄された有害物質の代謝物は、従来のたばこに比べて 20 〜 60%少ないとする報告なども紹介されています。

 記事の投稿コメントには、今回の学会の「推奨できない」とのある意味微妙な表現について厳しい意見も寄せられましたが、一貫した報告が得られていないため、このような表現にならざるを得なかった背景が伺えます。ニュース記事のため、詳細をご紹介する余裕がなかったことをご理解頂ければありがたいです。

 なお最近は、乳幼児やペットが新型たばこのカートリッジを誤飲する事例も増えているとか。引き続き、新型たばこ問題の動向を追いかけたいと思います。

関連記事

呼吸器学会が「新型たばこは推奨できない」

加熱式たばこも危険!

肺がんCT 検診+禁煙介入は費用効果に優れる

なぜ高い?北海道の肺がん死亡率

屋内完全禁煙の実施で「ストップCVD」

【3,000ポイントのチャンス】 Medical Tribune(新聞版)紙の1面を飾る写真を募集中!
 先生方が撮影した季節感のある写真を募集中です。新聞の1面に採用された方には3,000ポイントを進呈、webギャラリー掲載で200capをプレゼント。ご応募お待ちしております。


お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはmt@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
配信停止を希望される場合
  • 配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • メールマガジンが完全に配信停止されるまで、最大で7日程度かかります。
  • メールマガジン以外の一部のメール(例:謝礼付アンケートのご案内など)については、
    メルマガ配信停止の有無に関わらず、お送りさせていただくことをご了承願います。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン