2018年02月19日号
メディカルトリビューンウェブ
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/mail/2018/180219513096/

【重要】 「CAP(カプセル)システム」終了のお知らせ詳しくはこちら

注目記事一覧

3月末での想定外の退職のため、好待遇な求人がございます【非公開】

【特設サイト】2017年開催学会レポート一覧

【3,000ポイントのチャンス】 Medical Tribune(新聞版)紙の1面を飾る写真を募集中!
 先生方が撮影した季節感のある写真を募集中です。新聞の1面に採用された方には3,000ポイントを進呈、webギャラリー掲載で200capをプレゼント。ご応募お待ちしております。

【こぼれ話】今日から始める糖尿病対策(編集部・平山茂樹)

 2018年の目標として、食生活の改善と10kgの減量を掲げたBMI26.83の私。毎日必ず体重計に乗る、毎食必ず野菜を摂る、週末は必ずジムに行く...等々を実践した結果、2カ月少しが経過した現在、約2kgの減量に成功しました。

 そうした個人的関心も抱きつつ取材したタクシー運転手向けの糖尿病対策セミナーは、コンビニやファミレスでの食事選びのこつや5分で出来る運動プログラムの紹介など、すぐに始められる実践的な方法が満載の非常に充実した内容でした。

 職業柄、運転席に座っている時間が長く、どうしても運動不足になりがちなタクシー運転手の方々。卓球の福原愛選手や青山学院大学駅伝チームへの指導も行った経験を持つフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏考案の運動プログラムは、様々なバリエーションのスクワットや膝上げを組み合わせ、短時間で効果的に糖を消費させるという考え抜かれたものでした。参加したタクシー運転手の方々は、きっと今も街のどこかで、休憩中にスクワットをしているのではないでしょうか。

 ちなみに、私の父は学生時代は体育会系でバリバリのスポーツマンだったにも関わらず、会社員になってからの暴飲暴食(主にお酒)と運動不足がたたり、50歳を過ぎた頃に糖尿病予備群の状態になってしまいました。今も通院と服薬は続けているものの、定年退職後は毎日ゴロゴロしているそうなので、今度実家に帰った際には、中野氏考案の運動プログラムを一緒に実践してみたいと思います。

関連記事

タクシー運転手向け糖尿病セミナー開催

MedicalTribune紙のweb購読のご案内


お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはmt@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
配信停止を希望される場合
  • 配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • メールマガジンが完全に配信停止されるまで、最大で7日程度かかります。
  • メールマガジン以外の一部のメール(例:謝礼付アンケートのご案内など)については、
    メルマガ配信停止の有無に関わらず、お送りさせていただくことをご了承願います。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン