2018年06月20日号
メディカルトリビューンウェブ
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/mail/2018/180620514722/
注目記事一覧

〔特設サイト〕お友達紹介プログラム、紹介すればするほどポイントがたまる!

〔特設サイト〕2018年開催学会レポート一覧

〔特設サイト〕-医師に聞いた-仕事、結婚など...医師のホンネ調査

「健康テレビ番組」先取り表(6/19~6/25)
  • よじごじDays「密着!患者を断らない救命救急センター」
    6/21(木)15:40~16:54(74分)テレビ東京(Ch.7)
    番組詳細:緊急を要する患者が搬送される"高度救命救急センター"のハードな日常に密着取材!1分1秒を争う状況で的確な診断・治療を施すチームワークとその人間ドラマに迫ります。(公式サイトより引用)
  • がんを生きる新常識「がんは共に闘う」
    6/22(金)20:45~21:00(15分)NHK BSプレミアム(Ch.3)
    番組詳細:2人に1人が「がん」になる時代。自分が、家族が、大切な人ががんになったとき、どう向き合う?子宮けいがんを患う麻酔科医・田所園子さんは、手術後の後遺症に不安を抱いたとき、SNSで知り合った子宮けいがん患者たちの体験談や言葉に救われた。乳がんを発症した皮膚科医・浜中和子さんは1993年に乳がん患者の会を発足、皆で悩みや喜びを共有している。「共に闘う」という絆が、患者たちの大きな支えになっている。(公式サイトより引用)
  • ガリレオX「アルツハイマー病・認知症 予防と治療の最前線 質量分析装置がとらえた糸口」
    6/24(日)11:30~12:00(30分)BSフジ(Ch.8)
    番組詳細:脳の神経細胞が壊れることで、記憶力や判断力が衰えて社会生活に支障をきたす状態となる「認知症」。団塊の世代が75歳以上となる2025年には高齢者の5人に1人が認知症になるとも言われ、その数は700万人と見込まれている。認知症は早期発見できれば発症を防いだり、遅らせたりすることができるが、これまでの検査は高額であり、また侵襲性の高い髄液検査が必要など、ハードルが高かった。そこに登場したのが、高精度な質量分析装置。血液検査だけでアルツハイマー病や軽度認知障害のリスクが検出できるようになった。また治療面でも、脳内に効率よく薬剤を届ける技術が待たれていたが、脳への門番である血液脳関門を突破できるナノマシンの開発が成功し注目を集めている。飛躍的な進歩をとげるアルツハイマー病・認知症予防の最前線に迫る。(公式サイトより引用)
  • 続きはこちら

6月12日オープンオンコロジートリビューン

お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはmt@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
配信停止を希望される場合
  • 配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • メールマガジンが完全に配信停止されるまで、最大で7日程度かかります。
  • メールマガジン以外の一部のメール(例:謝礼付アンケートのご案内など)については、
    メルマガ配信停止の有無に関わらず、お送りさせていただくことをご了承願います。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン