このメールを表示できない場合はこちらをご覧ください。

メディカルトリビューンサロン

 メディカルトリビューンサロンからのご案内です。

「風邪に対する抗生物質の処方、する派ですか? しない派ですか?」
でトーク中!

・───・───・───・───・───・───・───・───・───・──・

◇「なるべくしないように・・とは思いますが強い希望があれば、処方します。病状悪化の際の責任などを問われかねない懸念も拭いきれません。」

◇「原則しません。扁桃の発赤腫脹、咽頭の強い発赤のあるときは使用します。」

◇「断然しない派です。抗生剤投与が必要な時にしかしません。抗生剤投与が必要かどうかの検査を積極的にしています。」

・───・───・───・───・───・───・───・───・───・──・

抗生物質の不適切な使用はいたずらに副作用を招いたり、薬剤耐性菌を増やしたりしますが、抗生物質が必要なケースもあります。患者に処方を迫られることもあるでしょう。

この悩ましい問題にみなさんはどう対処していますか。みなさんの方針を教えてください。

みなさんの印象に残る接待をお聞かせください。

先生のご参加を心よりお待ちしております。

コミュニティへのご招待

 《Medical Tribuneサロンについて》

「Medical Tribuneサロン」は、医師の皆様が所属や診療科の垣根を超え質の高いコミュニケーションを図ることができる匿名制・医師限定のコミュニティとして開設されました。Medical Tribuneサロンにご参加いただくことで「医療課題」から「大人のオフ」まで幅広いテーマについて医師同士のトークをお楽しみいただけます。

   

※Medical Tribuneサロンにご参加いただけるのは、Medical Tribuneウェブの医師会員のみです
※Medical Tribuneサロンの参加手続きには、Medical Tribuneウェブへのログインが必要です
※Medical Tribuneウェブのログインはこちらから
※Medical Tribuneウェブのログインに関するお問合せはこちらから


株式会社メディカルトリビューン