※このメールはMedical Tribuneウェブ会員の方にお送りしております

Oncology Tribune

2019/3/2(Sat)

今週のがんトピックは?

メールをご覧いただきありがとうございます。Oncology Tribune 編集部です。
本日のOncology Tribune メルマガは今週のがんトピックのまとめです。多忙でトピックスをキャッチし切れなかった方や読み落としがある方、がん領域に携わる皆様のキャッチアップに役立てて頂けると幸いです。

〉〉新規会員登録はこちらから

全領域|2019.2.19

ニュース

肝胆膵領域のロボット手術、課題は?

肝胆膵領域におけるロボット支援下手術は現状、保険収載されていない。そこで、藤田医科大学副学長(総合消化器外科教授)の杉岡篤氏は、これまで同科で自費診療により実施してきた同手術のコストや内容、治療成績などを紹介し、保険収載へ向けて解決すべき課題を、第11回日本ロボット外科学会(1月26日)で論じた。同科では2009年11月~18年12月にロボット支援下肝胆膵外科手術を109例施行しており、内訳は肝切除が77例、膵切除が31例、胆道手術が1例である...

続きを読む

肺|2019.2.26

連載|プロフェッショナルに聞く

<6>遺伝子診断におけるNGS/既存CDxの使い分けを考える

肺腺がんには、多くのドライバー遺伝子が存在し、おのおのの患者層への治療開発が期待されるが、その希少性から、治療開発のためには対象患者の同定が大きな壁となる。そこで、国立がん研究センター東病院を中心として、全国肺がん遺伝子スクリーニングネットワーク「LC-SCRUM-Japan」による全国規模の肺がん遺伝子スクリーニングが行われている。本インタビューでは、同院の松本慎吾氏に、LC-SCRUM-Japanの現状および展望、また、今後の肺がん遺伝子診断における次世代シークエンサー(NGS)と既存のコンパニオン診断薬(CDx)の使い分けについて話を聞いた...

続きを読む

泌尿器|2019.2.28

学会レポート

ASCO-GU 2019 学会印象記

2019年2月14~16日の3日間にわたり、米・サンフランシスコで開催された米国臨床腫瘍学会泌尿器癌シンポジウム(ASCO-GU)2019に参加した。米国西海岸の観光地また金融センターとして有名なサンフランシスコは、カリフォルニア州に位置しており、オーパスワンやロバートモンダビを代表とするカリフォルニアワインで著名なナパバレーも手の届く距離に位置している...

続きを読む

前立腺|2019.2.25

mCRPCへのニボルマブ+イピリムマブ併用で有望な成績;免疫CP阻害薬同士の併用では初

転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)に対する抗PD-1抗体ニボルマブ+抗CTLA-4抗体イピリムマブ併用療法の有効性および安全性を検討した第Ⅱ相臨床試験CheckMate 650の中間解析の結果から、第二世代ホルモン療法後に病勢進行(PD)を認めた症例群(コホート1)において、32例中8例(25%)で奏効が認められた...

続きを読む

肺|2019.2.28

オシメルチニブ、使用成績調査報告を受け添文改訂

2月28日、厚労省より、第三世代上皮成長因子受容体(EGFR)阻害薬であるオシメルチニブ(商品名タグリッソ)の添付文書が改訂されたことが通知された。  同薬の使用成績調査の結果において、間質性肺疾患の病歴および抗PD-1抗体ニボルマブによる前治療歴が間質性肺疾患の発現因子となることが示唆されたことを踏まえ改訂された...

続きを読む

肺|2019.2.28

早期肺がんに対する外科手術+体幹部定位放射線治療は有用か?

体幹部定位放射線治療(SABR )は、外科手術が困難な早期非小細胞肺がん患者の有用な治療選択肢であるが、SABR 後の病理学的完全奏効(pCR)についてはあまり検討されていない。手術可能な肺がん患者に対する術前補充療法としてSABR を行うと、局所コントロールや抗腫瘍免疫活性の誘導などにより、良好な転帰をもたらすものと期待される。...

続きを読む

肝|2019.2.28

進行肝がんへのペムブロリズマブ・第Ⅲ相、主要評価項目を達成せず

2019年2月19日:ニュージャージー州ケニルワース―Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は本日、全身治療歴のある進行性肝細胞がん(HCC)患者に対する治療薬として抗PD-1抗体KEYTRUDA®とBest Supportive Care(最善の支持療法)の併用を評価するピボタル第3相試験KEYNOTE-240において...

続きを読む

肺|2019.2.26

第三世代EGFR阻害薬TAS-121、国内第Ⅰ相試験

続きを読む

脳腫瘍|2019.2.15

難治性の悪性脳腫瘍を改善する治療法の新規開発 ~化学療法の抵抗性獲得システムの解明~

続きを読む

消化器|2019.2.26

TAS-102(ロンサーフ®)が米で切除不能進行・再発胃がんの適応追加承認を取得

続きを読む

全領域|2019.2.25

抗PD-1抗体によるがん治療効果の予測につながる技術を開発

続きを読む

ASCO GU 2019 特集

学会特集

転移性腎がんの一次治療における免疫CP阻害薬併用療法
腎細胞|2019.02.19

ルテチウムPSMA治療、転移性去勢抵抗性前立腺がんに対する第Ⅱ相で好成績
希少がん|2019.01.22

切除可能な膵がんに対するゲムシタビン+S-1による術前化学療法が手術先行群と比較してOS延長
肝胆膵|2019.01.22

全てのASCO GU 記事を見る

ASCO GI 2019 特集

学会特集

切除可能肝がんへのニボルマブorニボルマブ+イピリムマブで完全奏効が37.5%
肝がん|2019.01.21

キイトルーダ単剤、進行神経内分泌腫瘍では奏効率は3.7%
希少がん|2019.01.22

切除可能な膵がんに対するゲムシタビン+S-1による術前化学療法が手術先行群と比較してOS延長
肝胆膵|2019.01.22

全てのASCO GI 記事を見る

Oncology Tribune
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはotinfo@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。

株式会社メディカルトリビューン