※このメールはMedical Tribuneウェブ会員の方にお送りしております

Oncology Tribune

2019/3/17(Sun)

必ず読みたい編集部独自取材記事は?

メールをご覧いただきありがとうございます。Oncology Tribune 編集部です。
本日のOncology Tribune メルマガは編集部独自取材記事まとめです。編集部が厳選した人気の記事や新着記事をお届けします。多忙でトピックスをキャッチし切れなかった方や読み落としがある方、がん領域に携わる皆様のキャッチアップに役立てて頂けると幸いです。

〉〉新規会員登録はこちらから

消化器|2019.3.15

学会レポート

免疫CP阻害薬による"Hyperprogression"、胃がんでは?

免疫チェックポイント(CP)阻害薬はがん患者の治療に福音をもたらしている一方、一部では急速な腫瘍増大(hyperprogressionまたはhyperprogressive disease;HPD)が認められることがさまざまながん種で報告されている。国立がん研究センター中央病院消化管内科の青木雅彦氏は、進行胃がん患者におけるニボルマブ投与によるHPDの発生状況を検討...

続きを読む

全領域|2019.3.14

がん関連疲労には大豆油?魚油?

がん関連疲労(CRF)は、補助療法の副作用としてよく見られるものであり、抗炎症作用を持つω-3脂肪酸を含有する魚油はCRFの軽減に有効だと期待されている。米・University of Rochester Medical CenterのLuke Peppone氏らは、乳がん患者を対象にランダム化比較試験を実施し、実際にはω-6を含有する大豆油の方が有効であったとJNCI Cancer Spectr(2019年2月21日オンライン版)に報告した...

続きを読む

全領域|2019.3.14

オピオイドが"効く痛み"、"効かない痛み"とは

オピオイド鎮痛薬(以下、オピオイド)は広く臨床現場で使用されるが、オピオイドで痛みが軽減しにくい、あるいは増強してしまう場合もある。加えて近年、オピオイドの依存症や過量摂取死も少なからず見られることから、その適切な使用法を把握することは非常に重要である...

続きを読む

小児|2019.3.13

世界の小児がん、約半数が未診断

 米・Harvard T.H. Chan School of Public HealthのZachary J. Ward氏らは、独自に開発したシミュレーションモデルを用いて世界200カ国・地域の小児がん罹患率を検討。その結果、2015年時点で世界の小児がん患者39万7,000例の約半数が未診断・未治療で、保健システムがこのまま改善されなければ2015~30年に43%が見逃されるとの推定結果をLancet Oncol(2019年2月26日オンライン版)に発表した...

続きを読む

消化器|2019.3.8

進行胃がんに対するFOLFOXの位置付けは?

進行胃がんでは腹膜転移を有する患者が多く、高度腹水や経口摂取不良を伴う場合は経口薬の服薬が困難となる。日本の切除不能進行・再発胃がんに対する一次治療は経口フルオロウラシル(5-FU)がキードラッグであるため、これらの症例に対する治療選択肢は少ない。がん研有明病院(東京都)消化器化学療法科の大隅寛木氏は第91回日本胃癌学会(2月27日~3月1日)において、高度腹水または経口摂取不良の腹膜転移を有する進行胃がん患者におけるmFOLFOX6療法の安全性と有効性を評価し、一次治療における治療選択肢となりうることを報告した...

続きを読む

消化器|2019.3.8

胃癌治療ガイドライン「速報版」案を発表

昨年(2018年)1月、約4年ぶりの改訂となる「胃癌治療ガイドライン第5版」(日本胃癌学会編集)が刊行された。次回の改訂は約3年後の予定であるが、同学会では現在、ウェブ上でのアップデートとして「胃癌治療ガイドライン改訂速報版」(以下、速報版)の公開準備を進めているという。速報版案について、同学会ガイドライン作成委員会委員で国立がん研究センター中央病院副院長・消化管内科科長の朴成和氏が第91回日本胃癌学会(2月27~3月1日)で報告した...

続きを読む

ASCO GU 2019 特集

学会特集

転移性腎がんの一次治療における免疫CP阻害薬併用療法
腎細胞|2019.02.19

ルテチウムPSMA治療、転移性去勢抵抗性前立腺がんに対する第Ⅱ相で好成績
希少がん|2019.01.22

切除可能な膵がんに対するゲムシタビン+S-1による術前化学療法が手術先行群と比較してOS延長
肝胆膵|2019.01.22

全てのASCO GU 記事を見る

ASCO GI 2019 特集

学会特集

切除可能肝がんへのニボルマブorニボルマブ+イピリムマブで完全奏効が37.5%
肝がん|2019.01.21

キイトルーダ単剤、進行神経内分泌腫瘍では奏効率は3.7%
希少がん|2019.01.22

切除可能な膵がんに対するゲムシタビン+S-1による術前化学療法が手術先行群と比較してOS延長
肝胆膵|2019.01.22

全てのASCO GI 記事を見る

Oncology Tribune
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはotinfo@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。

株式会社メディカルトリビューン