※このメールはMedical Tribuneウェブ会員の方にお送りしております

Oncology Tribune

2019/3/21(Thu)

3月前半の人気記事は?

メールをご覧いただきありがとうございます。Oncology Tribune 編集部です。
本日のOncology Tribune メルマガは3月前半の人気記事ランキングまとめです。多忙でトピックスをキャッチし切れなかった方や読み落としがある方、がん領域に携わる皆様のキャッチアップに役立てて頂けると幸いです。

〉〉新規会員登録はこちらから

子宮がん|2019.3.6

ニュース

今世紀中に子宮頸がん撲滅は可能

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種と子宮頸がんスクリーニングが急速かつ広範に実施されれば、子宮頸がんは今世紀(21世紀)末までに世界のほとんどの国で公衆衛生上の問題から除外できる可能性がある...

続きを読む

その他|2019.3.5

Natureが日本の再生医療承認制度を痛烈批判:求められるのは「スピード」か「厳正さ」か

Natureが日本の再生医療関連の製品の早期承認制度を「未熟で不公正(premature and unfair)」だとして痛烈批判した。今回槍玉に上がったのは、昨年(2018年)12月に承認された脊髄損傷治療用の「ステミラック注」だが、Natureによる日本批判は2015年の「ハートシート」にさかのぼる ...

続きを読む

全領域|2019.3.14

日本発の手術支援ロボットの開発進む:産学連携による軟性内視鏡とロボット技術の融合

近年、医療機器市場は拡大傾向にあるが、その多くは海外製品であるため、日本で最近機器による治療が行えるようになるまでにタイムラグが生じてしまう。このような中、わが国が得意とする軟性内視鏡とロボット技術の融合により、小型で操作性に優れ、低侵襲・高精度の軟性内視鏡手術システム(Flexible Endoscopic Surgical System;FESS)の開発が進められている...

続きを読む

胃|2019.3.08

胃癌治療ガイドライン「速報版」案を発表

昨年(2018年)1月、約4年ぶりの改訂となる「胃癌治療ガイドライン第5版」(日本胃癌学会編集)が刊行された。次回の改訂は約3年後の予定であるが、同学会では現在、ウェブ上でのアップデートとして「胃癌治療ガイドライン改訂速報版」の公開準備を進めているという...

続きを読む

その他|2019.3.6

再生医療学会がNatureに反論「スピード必要」

英国の科学雑誌Natureが日本の再生医療等製品の早期承認制度を「未熟で不公正」だと批判した問題で、日本再生医療学会は本日(3月6日)、同学会の見解を公式サイトに掲載した。治療法がない疾患での承認のスピード性を強調、日本の制度の妥当性を主張している...

続きを読む

肺|2019.2.14

低線量CT検診、肺がん死亡リスクを51%低減

続きを読む

肺|2019.3.6

脳転移を有する非扁平上皮NSCLCでもニボルマブの効果を確認

続きを読む

卵巣|2019.3.1

進行卵巣がんへのリンパ節郭清、予後改善を認めず

続きを読む

肺|2019.2.7

免疫チェックポイント阻害薬は併用の時代へ

続きを読む

肺|2019.2.26

遺伝子診断におけるNGS/既存CDxの使い分けを考える

続きを読む

学会特集

胃癌治療ガイドライン「速報版」案を発表
ガイドライン|2019.3.8

進行胃がんに対するFOLFOXの位置付けは?
ニュース|2019.3.8

免疫CP阻害薬による"Hyperprogression"、胃がんでは?
フルテキスト|2019.3.15

全ての日本胃癌学会記事を見る

Oncology Tribune
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブ会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更、配信停止のお手続きは、登録情報の変更からお願いします。
  • 記事に関するお問い合わせはotinfo@medical-tribune.co.jp宛にお願いいたします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。

株式会社メディカルトリビューン