このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2017/170327507646/
2017年03月27日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。
spec.jpg
【症例クイズ】原疾患治療中のHBV再活性化にどう対応?

 HBV再活性化対策のためには、HBV DNA量をモニタリングしつつ、原疾患治療を行います。肝炎専門の情報サイト「肝炎.jp」では、肝炎診療の基本をクイズ形式で紹介! 前回に続き、免疫抑制薬で関節リウマチを治療中の患者への対応をクイズにしています。 今回は、適切なHBV DNA量モニタリングの期間や頻度、原疾患治療とHBV再活性化対策とのバランスなどをご紹介します。


コンテンツを閲覧する [ 200cap icon-capsule.png ]

新着記事一覧
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン