【特別企画】薬剤耐性菌問題において微生物検査の迅速化が果たす役割
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2017/170509508394/
2017年05月09日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

 2001年に世界保健機関(WHO)は「薬剤耐性菌の増加により抗菌薬はその役割を失いつつある」「先進国における抗菌薬の無意味な処方の増加、発展途上国における低用量の処方のいずれもが薬剤耐性菌の増加に関与する」と警告している。また、薬剤耐性菌は密やかに感染が地域を越え、国を越えて伝播拡大することから、その脅威を「サイレントパンデミック」であると提言している。こうした状況の中、新たな微生物検査機器の開発が進められ、検査の迅速化が図られている。そこで、薬剤耐性菌対策において検査の迅速化が果たす役割について、東北大学大学院内科病態学講座総合感染症学分野/感染制御・検査診断学分野教授の賀来満夫氏にお話を伺った。


記事を読む

アクセスランキング
  1. わずか6問で成人期ADHD患者を発見
  2. 老人ホームの朝食がランチパック?!
  3. 日本初、追加承認「低亜鉛血症」治療薬
  4. 低血糖なしにHbA1c 6.0%未満を達成
  5. 遅発性ジスキネジアに初の治療薬、米で承認

お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン