◆◇大日本住友製薬webセミナーのご案内◇◆
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2017/170615508388/
2017年06月15日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

今回はWebセミナーのご案内です。
既にお申込みいただいた先生方にもお送りしております。

web seminorエビデンスに基づいたパーキンソン病診療

視聴案内ページへ icon-capsule.png
【開催日時】

2017年6月15日(木)19:00〜19:40

【座長】
順天堂大学医学部 脳神経内科 教授 服部 信孝先生 服部 信孝先生
順天堂大学医学部 脳神経内科 教授
【演者】
順天堂大学医学部 脳神経内科 先任准教授 下 泰司先生 下 泰司先生
順天堂大学医学部 脳神経内科 先任准教授
【抄録】

 エビデンスに基づいた診療を行う上では、その疾患の診療ガイドラインは強力な後ろ盾となります。診療ガイドラインとは、米国国立アカデミー医学研究所による定義では
Clinical practice guidelines are statements that include recommendations intended to optimize patient care that are informed by a systematic review of evidence and an assessment of the benefits and harms of alternative care options.
と定義されており、それまでに発表されている各々の治療に対する臨床試験の結果やシステマティックレヴュー等が重要なエビデンスとなります。これまでの多くの診療・治療ガイドラインでは、これらのエビデンスを様々な評価方法を用いて各々の治療の推奨度を決定してきました。そのために使用する評価方法によってその治療の"おすすめ度"の表現方法が異なり、利用者は混乱を強いられてきた経緯があります。近年、Grades of Recommendation, Assessments, Development and Evaluation (GRADE)と呼ばれる評価システムがNICEやWHO、コクランライブラリー等に採用されており、統一されたエビデンスの評価方法として注目されています。GRADEでは、エビデンスの質と推奨度を系統立てた評価方法によって決定しています。しかしながら、本邦ではこのシステムはまだ一般的に浸透はしていません。

 今回のセミナーでは本システムを利用したガイドラインの作成方法を紹介し、エビデンスに基づいた診療(特にパーキンソン病)を行う上で何が必要であるのかという点を議論してみたいと思います。

【主催】

大日本住友製薬株式会社

視聴案内ページへ icon-capsule.png

<視聴確認について>
パソコン環境を診断するストリーミングFAQ


 メディカルトリビューンでは、弊社からご案内するウェブセミナーをご視聴いただいた医師会員の皆様に、メディカルトリビューン独自のアンケートを実施しております。 セミナー開催2-3日後に、アンケートのお願いをメールにてお送りいたしますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。(回答謝礼:200ポイント)icon-point.png
※ポイントを貯めることで、アマゾンギフト券等への交換が可能になります。


新着記事
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン