【特別企画】抗凝固療法における出血リスクにどう対応すべきか
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2017/170615508926/
2017年06月15日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

 4つの血液凝固因子を含む乾燥濃縮人プロトロンビン複合体(商品名ケイセントラ(R)、以下4F-PCC)は、ヒト血漿を分画して製造された凍結乾燥製剤であり、ビタミンK依存性血液凝固因子であるプロトロンビン(第II因子)、第VII因子、第IX因子、第X因子、ならびにプロテインC、プロテインSを含有する。ワルファリンをはじめとしたビタミンK拮抗薬(VKA)を用いた抗凝固療法時における重篤な出血や緊急手術に対し、4F-PCCを静注することで迅速な出血傾向の是正が期待される。

 2017年3月に、わが国で初めて「ビタミンK拮抗薬投与中の患者における、急性重篤出血時、又は重大な出血が予想される緊急を要する手術・処置の施行時の出血傾向の抑制」を効能または効果として4F-PCCが承認されたことを受け、ワルファリン療法時の出血の病態と4F-PCCが果たす役割について、国立病院機構九州医療センター脳血管センター部長の矢坂正弘氏にお話を伺った。


記事を読む

【上半期】連載アクセスランキングTOP5
  1. 高齢者糖尿病ではHbA1c7.5〜9.0%を厳守!
    【ドクターズアイ 仲田和正先生(総合診療) 】
  2. 〈エニグマCase File 2〉消化器症状を伴う動悸、労作時呼吸困難が出現した47歳男性
    【クイズ エニグマ症例を診断せよ! 】
  3. 結核性髄膜炎とオーサーシップの怖い話
    【ドクターズアイ 岩田健太郎先生(感染症)】
  4. 感染症患者にステロイドはご法度か
    【ドクターズアイ 岩田健太郎先生(感染症)】
  5. 老人ホームの朝食がランチパック?!
    【離島医はおもろい! 】

お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン