◆社会復帰こそうつ病治療のゴール◆
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2017/170811510180/
2017年08月11日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。
社会復帰こそうつ病治療のゴール

 うつ病治療のゴールとは何でしょうか。患者さんが直面する症状を和らげることももちろん重要です。しかし、勤務者である患者さんにとっては、心身を回復して社会復帰を果たし、元の生活を取り戻すことこそが最終目標であるはずです。早く仕事に復帰したいのに、体や頭が重くて出社できない―。そんな患者の悩みに寄り添い、伴走するのが医師の役割ではないでしょうか。


コンテンツを閲覧する

1週間以内更新記事コメント
 生活指導で年相応の睡眠時間を《70》
 中学生のカラーCL装用率が急上昇《62》
 日医会長が加藤新厚労相の人物像語る《57》
 LDL-C超低値AMI患者にもスタチンが有用《54》
 コンタクトレンズで夜間高眼圧を発見《54》
 オプジーボ、大腸がんでも承認−FDA《54》
 巨細胞性動脈炎をステロイドフリー寛解に《53》icon-capsule.png
 専門医機構が新専門医制度の応募調整示唆《53》
 ミカン果皮+ヨーグルトで花粉症症状を緩和《52》
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン