◆共感、そして、理解する。女性うつ病患者さまが求めるコミュニケーション◆
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2017/170905510605/
2017年09月05日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

提供:ファイザー株式会社

女性患者さまのこころを理解し寄り添うには

 女性は男性の約2倍うつ病になりやすいとされています。この開きにはホルモンバランスの変化はもちろんのこと、さまざまな役割が求められることで生じる心理的負担があると考えられます。それが限界を超えてしまうと患者さまは、ものごとを前向きに捉えられず、ときに自分を責めてしまうことも。このような女性患者さまに先生ならどう対応されますか?女性患者さまがうつ病から一歩踏み出すきっかけ―「先生は自分のことをわかってくれた」のための大事なコミュニケーションのコツを「患者さまに寄り添う 女性のうつ病ガイド」でまとめました。


コンテンツを閲覧する


新着記事
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン