視聴200カプセル
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2017/171228512219/
2017年12月28日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

提供:日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

カテーテルアブレーション治療

 カテーテルアブレーション治療(以下、アブレーション)は、薬物治療抵抗性の心房細動に対する標準的な治療選択肢であるが、時に重大な血栓塞栓症および出血性合併症のリスクを伴うことがある。したがって、アブレーション周術期においては適切な抗凝固療法により血栓塞栓症を予防するとともに、出血リスクを管理することが重要である。これまで、アブレーション周術期における直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)のエビデンスは...


記事を読む icon-capsule.png

今すぐCap(カプセル)が貯まる記事
1週間以内更新記事コメント数TOP10
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン