高齢者の筋量低下によるロコモティブシンドローム....
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2018/180213512986/
2018年02月13日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

共催:株式会社ホーマーイオン研究所/アルケア株式会社

第29回日本運動器科学会

高齢者の筋量低下によるロコモティブシンドロームが問題に

 近年、高齢者を中心に"ロコモティブシンドローム"が問題となっている。これは、特に下肢・体幹の筋力・筋量低下により起こる運動器の障害が原因で、移動能力の低下を来した状態を指す。老化に伴う骨格筋萎縮、すなわちサルコペニアは、骨格筋合成と分解のバランスが崩壊して、分解のほうが強くなった状態である。骨格筋合成を妨げる因子には、?インスリン様成長因子(IGF-1)の減少、?デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)の減少、...


記事を読む icon-capsule.png


新着記事
今すぐCap(カプセル)が貯まる記事
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン