2017年7月1日にResolute OnyxTM コロナリーステントシステム(以下、Resolute Onyx)が...
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2018/180222513189/
2018年02月22日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

提供:日本メドトロニック株式会社

〔CCT2017 SEMINAR〕Resolute Onyx

 2017年7月1日にResolute OnyxTM コロナリーステントシステム(以下、Resolute Onyx)が保険適用となってから3ヵ月余りが経過し、その性能や使用経験などへの関心は高い。先日、神戸で開催されたComplex Cardiovascular Therapeutics(CCT)2017(10月26〜28日)のランチョンセミナーでは、3名のエキスパートが通過性やラジアル強度、視認性、分岐部病変などにフォーカスしたResolute Onyxの特徴、特に複雑病変に対する有用性などについて解説し、実際の使用経験も紹介した。座長は華岡青洲記念 心臓血管クリニックの華岡慶一氏と新古賀病院の川﨑友裕氏が務めた。


記事を読む icon-capsule.png


今すぐCap(カプセル)が貯まる記事
1週間以内更新記事コメント数TOP10
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン