うつ病からのリカバリーのコツを、専門医に聞く...
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2018/180423513710/
2018年04月23日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

患者さん「健康な部分」に光を当てる 専門医に訊く うつ病のリカバリー 尾崎 紀夫先生 名古屋大学大学院医学系研究科 精神医学・親と子どもの心療学分 教授 提供:ファイザー株式会社

ファイザーが提供する、うつ病治療の情報サイト「Recoveries(リカバリーズ)」で連載中の、精神科医ドキュメンタリーシリーズ。第一線で治療にあたる専門医のインタビューを通じて、うつ病のリカバリーの概念や、その治療戦略の立て方に迫ります。

今回は、名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野教授としてご活躍されている尾崎紀夫先生にお話を伺いました。

「ここまでは健康、ここからが病気」患者さんの適応能力を認めてあげること。リカバリーに必要なのは、当事者の「達成感」「なぜ、そう感じるのか」知りたい気持ちが出発点

患者さんとのコミュニケーションで心がけるメソッドや、その背景にある医師としての考え方、精神科医を目指したきっかけまで、患者さん一人ひとりと丁寧に向き合い、それぞれの治療ゴールへと導く尾崎先生の人間性に迫るドキュメンタリー。ぜひこの続きを「リカバリーズ」でご覧ください。

詳しくはこちら

Recoveries うつ病患者さんのリカバリーを考える治療情報メディア

お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン