このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2018/180717515088/
2018年07月17日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

「トレリーフ」レビー小体型認知症に伴うパーキンソニズム(レボドパ含有製剤を使用してもパーキンソニズムが残存する場合)効能・効果追加のお知らせ

提供:大日本住友製薬株式会社
トレリーフ 効能・効果追加のお知らせ

この度弊社は、パーキンソン病治療剤「トレリーフOD錠25mg、トレリーフ錠25mg」(一般名:ゾニサミド、以下「トレリーフ」)について、レビー小体型認知症に伴うパーキンソニズム(レボドパ含有製剤を使用してもパーキンソニズムが残存する場合)の効能・効果の追加承認を取得しました。

 現在、超高齢社会を迎えるに伴い認知症患者数は急増すると予測されておりますが、病理学的報告では認知症のうち約2割がレビー小体型認知症(DLB)であると報告されています。症状が多彩なため診断が難しいことから、顕在化されている患者さんは一部であると考えられております。更に、顕在化された患者さんに対しても限られた治療薬しかないのが現状です。その中、今回トレリーフは世界で初めてレビー小体型認知症に伴うパーキンソニズム(レボドパ含有製剤を使用してもパーキンソニズムが残存する場合)の効能・効果を取得しました。

 弊社は、DLBに伴う臨床症状の一つであるパーキンソニズムに対する新たな治療選択肢を提供することにより、レビー小体型認知症患者さんとそのご家族の"笑顔"につなげていきたいと考えております。

※「レビー小体型認知症に伴うパーキンソニズム(レボドパ含有製剤を使用してもパーキンソニズムが残存する場合)」の効能・効果はOD錠25㎎・錠25㎎に限られます。

※効能・効果、用法・用量、禁忌を含む使用上の注意等については添付文書をご参照ください。


連載・特集
疾患トピックス
疾患トピックス
 今年(2018年)3月、米国内科学会(ACP)が「薬物療法中の2型糖尿病患者の...
時間の風景
時間の風景
【Essay】常念岳・常念診療所への思い
読み解くためのキーワード
読み解くためのキーワード
 1990年代に日本で初めて報告され、世界的にも"takotsubo cardi...
ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)
ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)
【岩田健太郎】潜在性結核にはリファンピシンを
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン