このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2019/190304519322/
2019年03月04日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。
「医学部専門予備校」を探せるページをご用意しました!
【メディカルトリビューン×医学部予備校ガイド】
本年度の国立の医学部受験も、いよいよ前期試験が終了しましたね。
来年度受験の方も、自分なりの合格への道筋を立てておくべきかもしれません。

医学部予備校は、限られた時間を合格のために有効に使うノウハウを持っています。
合格への近道として、検討してみてはいかがでしょうか。

まだ中学生だけど医学部を目指したい、地方在住で近くに予備校がないという方は、
中学生受け入れありの予備校や、専用寮がある予備校を検討してみてはいかがでしょうか。

中学生受け入れありの予備校はこちら 専用寮ありの予備校はこちら
医学部予備校といっても、たくさんの選択肢があります。
自分に合う予備校を選ぶため、譲れないポイントをいくつか決めておくのが良いでしょう。

①カリキュラム・講師には満足できるか?
受験対策において必要な勉強習慣とは、問題を解いて加点されるための勉強を続けること。
それを可能にするのが、カリキュラムや講師、そして生徒の管理体制。
先生の指導方針や予備校の実績などは詳しく確認することをおすすめします。

②予備校の設備は充分か?
集中して自習ができる環境自習室。これらを充分に活用できることが予備校を選択する理由でもあります。
生徒数が多すぎて自習室が足りない...なんてことがあってはもったいない。
予備校で自習すると、質疑応答などの機会もありますのでとても有効です。

③立地環境は便利で安全か?
意外に見落としがちな立地や近隣環境も事前に確認しましょう。
おそくまで自習室を開放している予備校が多いので、遠方から通学している人や
女子学生にとっては、交通の便や人通りなど、立地環境も選ぶポイントとして重要です。
予備校の近くに「コンビニ」があると、忘れ物したり、休憩に何か食べたりする時、
とても便利なのでおすすめです。

まずは資料請求をして、基本情報を取得しましょう!
メディカルトリビューン×医学部予備校ガイド
▼今月のおすすめ医学部予備校
【メディカルラボ】 合格者数No1の完全個別指導法  【メディカルフォレスト】1年で難関私立4大学に合格!
【メディカパス】合格率が物語る進化の実態とは?  【学び舎東京Plus】受験にもパーソナルトレーナーを学習効率を最大化する専門家の力
予備校への通学を検討するうえで、あらかじめ確認しておきたい重要な項目は、
それほど多くありません。受験は本当に時間とエネルギーを必要とします。
まずは必要な情報がまとめられている資料請求から始めましょう!
【メディカルトリビューン×医学部予備校ガイド】
サイトURL https://medical-tribune.co.jp/special/crammer/
新着記事
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン