まもなく開催です!
このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2019/190327519581/
2019年03月27日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

今回はWeb講演会のご案内です。
既にお申込みいただいた先生方にもお送りしております。

web seminor PARTNER ‐患者さんの全身管理を考える‐
「"高血圧"と"不眠症"の管理」

開催:2019年3月27日(水) 19:00~20:00


視聴案内ページへ
【演題】

 「エビデンスから導かれる高齢者の至適降圧療法とは?

【演者】
山本 浩一 先生
大阪大学大学院医学系研究科 老年・総合内科学 講師
【抄録】

 本邦では超高齢社会の進展に伴い、高齢者の生活習慣病管理は重要性を増している。
高齢者では生活習慣病治療に伴う有害事象が非高齢者に較べ発生しやすく、治療のリスクとベネフィットを十分に理解した上で方針を決定する必要がある。
最近発表された米国や欧州の高血圧ガイドラインでは降圧開始基準や降圧目標に大きな変更が加えられた。
この変更には2015年に発表されたSPRINTの結果が大きな影響を及ぼしており、本邦のガイドライン改訂(JSH2019)においても、SPRINTを含めた新たなエビデンスの検討が必要となる。
一方、高齢者高血圧の至適治療を考える上では、エビデンスの背後にある高齢者特有の問題に関しても考察が必要となる。
本発表では、高齢者の至適降圧療法を決定するために必要なエビデンスの紹介と、高齢者特有の問題を踏まえてそのエビデンスを降圧療法にどのように活かすかについて論じたい。

【演題】

 不眠症治療のポイント ~睡眠薬の減薬、休薬における患者説明と治療戦略~

【演者】
谷口 充孝 先生
株式会社互恵会大阪回生病院 睡眠医療センター 部長
【抄録】

 平成30年の診療報酬改定では、これまで不安や不眠に対する治療薬剤として使用されてきたベンゾジアゼピン受容体作動薬を長期処方した場合の処方料や処方箋料が新設され、その制限が行われるようになりました。
しかしながら、実際にベンゾジアゼピン受容体作動薬を減薬、休薬を行おうとすると患者さんから抵抗や不安を訴えられる場合も少なくありません。
治療戦略を十分に考える必要があります。
今回の講演では、減薬や休薬にあたってのポイントをお話させていただければと思います。

【主催】

 武田薬品工業株式会社


視聴案内ページへ


 メディカルトリビューンでは、弊社からご案内するウェブセミナーをご視聴いただいた医師会員の皆様に、メディカルトリビューン独自のアンケートを実施しております。 セミナー開催2-3日後に、アンケートのお願いをメールにてお送りいたしますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。(回答謝礼:200ポイント)
※ポイントを貯めることで、Amazonギフト券等への交換が可能になります。


お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン