このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2019/190704520627/
2019年07月04日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

提供:帝人ファーマ株式会社

【特別企画】経頭蓋治療用 磁気刺激装置(rTMS)の 普及に向けて
【特別企画】経頭蓋治療用 磁気刺激装置(rTMS)の 普及に向けて

経頭蓋治療用 磁気刺激装置(rTMS)の 普及に向けて
 うつ病患者では、複数の抗うつ薬を投与しても効果が不十分な治療抵抗性のうつ病患者が約30%存在する。この治療抵抗性うつ病に対して、経頭蓋的に脳を刺激する治療法が新たな選択肢として注目されている。
国内で2017年に承認された治療用の反復経頭蓋磁気刺激装置(repetitive transcranial magnetic stimulation;rTMS)のNeuroStar®である。

コンテンツを閲覧する


お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン