このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2019/190716520667/
2019年07月16日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

今回はWeb講演会のご案内です。

web seminor

パルモディア Web カンファレンス

 高中性脂肪血症に対する アプローチを考える
 ~SPPARMαへ期待すること~

開催:2019年7月29日(月)19:10~20:00

※19:45までに入室していただければ巻き戻し再生が可能です


視聴案内ページへ
【演者】
平光 伸也 先生
平光ハートクリニック 院長
【概要】

 LDL-C低下療法に伴う心血管イベント抑制効果は数多くの大規模臨床試験により報告されている。
一方、 中性脂肪(TG)においては、国内外の疫学研究によりTG 高値が心血管イベントのリスクファクターとなる ことが確認されているものの、TG 低下療法と心血管イベントの関係については不明な点が多いのが事実 である。
 近年、SPPARMαの概念を基に開発されたペマフィブラートが発売され、高TG 血症に対する新たな 治療薬として注目されている。特に、厳格なLDL-C 低下療法が求められている昨今、スタチン治療後の 残余TGリスクに対するペマフィブラートへの期待は大きい。本講演では、ペマフィブラートの臨床的有効 性と使用時の注意点について考察する。

【主催】

 興和株式会社



視聴案内ページへ

 メディカルトリビューンでは、弊社からご案内するウェブセミナーをご視聴いただいた医師会員の皆様に、メディカルトリビューン独自のアンケートを実施しております。 セミナー開催2-3日後に、アンケートのお願いをメールにてお送りいたしますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。(回答謝礼:200ポイント)
※ポイントを貯めることで、Amazonギフト券等への交換が可能になります。


お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン