このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2019/191018521774/
2019年10月18日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

提供:エーザイ株式会社

Neurology領域の疾患シリーズ

「パーキンソン病 Parkinson's disease 病因・疫学・病態」

順天堂大学医学部 脳神経内科 教授 服部信孝 先生



皆さん、こんにちは。

順天堂大学医学部 脳神経内科の服部信孝です。

今日は「パーキンソン病」の病因、疫学、病態についてお話させていただきます。

パーキンソン病は、振戦、筋強剛、運動緩慢、姿勢反射障害を主症状とし、病理学的には黒質ドパミン神経細胞の脱落とレビー小体の出現を特徴とする神経変性疾患です。

加齢が発症に寄与することが知られており、超高齢社会において、今後、パーキンソン病の発症者がますます増加すると予想されています。これまでパーキンソン病の病因、病態ならび治療について、様々な知見が積み上げられてきましたが...

〈続く〉

ボタン


※遷移した後にエーザイ会員コンテンツのため、会員登録をしていただくページに遷移します。会員の方はそのまま視聴いただけます

Medical.esai.jpへ

連載・特集
ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)
ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)
長期にマリファナを吸うと肺は?
お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン