このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2019/191028521965/
2019年10月28日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

今回はWeb講演会のご案内です。

web seminor How to がん疼痛 Web Lecture

開催:2019年11月11日(月)
 <第1部>18:00~18:45
 <第2部>19:00~19:45


視聴案内ページへ
【演題】

 チームで挑む!がん突出痛治療

【座長】
冨田 尚裕 先生
兵庫医科大学病院 下部消化管外科 教授

【演者】
余宮 きのみ 先生
埼玉県立がんセンター 緩和ケア科 科長

【講演内容】

最近のがん治療はチーム医療が必須とされており、とりわけ疼痛治療はチームで取り組むべき課題だと言われています。今回、余宮先生にはがん突出痛治療にスポットを当ててチームでの関わり方について講演頂きます。また、講演の中では突出痛治療薬であるイーフェンバッカル錠(販売元:大鵬薬品工業株式会社)の使いどころについても解説頂きます。

【主催】

 大鵬薬品工業株式会社



視聴案内ページへ

 メディカルトリビューンでは、弊社からご案内するウェブセミナーをご視聴いただいた医師会員の皆様に、メディカルトリビューン独自のアンケートを実施しております。 セミナー開催2-3日後に、アンケートのお願いをメールにてお送りいたしますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。(回答謝礼:200ポイント)
※ポイントを貯めることで、Amazonギフト券等への交換が可能になります。


お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信停止はこちらからお願いします。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン