このメールを表示できない場合、下記URLをご覧ください。
https://medical-tribune.co.jp/mailmag/pr/2020/201120533277/
2020年11月20日号
メディカルトリビューンウェブ
本メールはMedicalTribuneウェブ医師会員の皆様に配信しております。ご登録属性に則し、役立つ情報を提供しております。

今回はWeb講演会のご案内です。

web seminar Next TV Symposium
最新ガイドラインと薬剤起因性消化管傷害のマネジメント

2020年11月27日(金)19:00~19:45


視聴案内ページへ
【演題】

「 薬剤起因性消化管傷害の最新知見
    ~ 消化性潰瘍診療ガイドライン2020を踏まえて~ 」

【座長】
杉本 光繁 先生
東京医科大学病院 消化器内視鏡学分野 教授
【演者】
竹内 利寿 先生
大阪医科大学附属病院 消化器内視鏡センター長/准教授
【講演内容】

日本においては高齢者の増加に伴い、LDAやNSAIDsの服用が増加してきており、それに伴う薬剤起因性消化管傷害に対するマネジメントの必要性も増加してきている。2015年に刊行された消化性潰瘍診療ガイドラインは今年で5年が経過し、2020年6月に改訂第3版が発行されている。本講演では最新のガイドラインを踏まえ、超高齢社会における潰瘍治療のポイントとネキシウムの有用性について概説する。

【主催】

アストラゼネカ株式会社


視聴案内ページへ


お知らせ・お問い合わせ
  • 本メールはMedicalTribuneウェブの医師会員にお送りしています。
  • 本メールは予告なく配信停止・中止をする場合がございます。
  • 配信停止はこちらからお願いします。
  • 配信先(メールアドレス等)の変更は、こちらの登録情報変更からお願いします。
  • 本メールの送信元アドレスは配信専用のため、直接ご返信をいただいてもお答えできません。
  • 本メールについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  • このメールはメドピア株式会社からの委託に基づいて配信されている場合がございます。
Medical Tribune Web

株式会社メディカルトリビューン