メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  がん治療の新たな「毒性」に注目

がん治療の新たな「毒性」に注目

 2015年09月17日 14:18
プッシュ通知を受取る

 抗がん薬には細胞毒性をはじめ,さまざまな副作用がある。最近,新規抗がん薬の相次ぐ登場で,その有効性だけでなく新たな「毒性」に注目が集まっている。米・University of PennsylvaniaのScott F. Huntington氏らは治療中の多発性骨髄腫患者111例にアンケートを実施。多くの患者がこの「毒性」の影響を受けていることが明らかになった(Lancet Haematol2015年9月16日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  がん治療の新たな「毒性」に注目

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06037390 有効期限:6月末まで