メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く

こんにちは、ゲストさん ログイン

 学会レポートへ戻る
クリップする

発見者Brugada氏が解説,心臓突然死を招くブルガダ症候群

第63回日本心臓病学会学術集会

学会レポート | 2015.09.29

 心臓突然死の原因の1つであるブルガダ症候群は,特異的な心電図(ECG)波形を示すが,心臓に構造的な異常が認められないという特徴を有する。自然発生のcoved型ST上昇は悪性心室性不整脈と心臓突然死のマーカーであり,無症状の症例の突然死を予防することが重要である。同症候群に関する過去20年余りの研究成果について発見者であるベルギー・University Hospital of Brussels Cardiovascular Division教授のPedro Brugada氏が第63回日本心臓病学会学術集会(9月18〜20日,会長=東京医科大学循環器内科主任教授・山科章氏)の坂本レクチャーで講演した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ランキング2015.09.01~2015.09.30

  1. 1

    レストレスレッグス症候群で自殺リスク3倍

  2. 2

    中高年期に高血圧→低血圧で認知症6割増

  3. 3

    1型糖尿病での至適HbA1c目標値は?

  4. 4

    経口抗菌薬が結腸がんリスク上昇に関連

  5. 5

    8倍危険!未治療高血糖者に受診促す

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2015年 >  学会レポート >  発見者Brugada氏が解説,心臓突然死を招くブルガダ症候群