メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  yomiDr. »  災害時の重要なたんぱく源...豆腐「常温で販売」解禁へ〔読売新聞〕

災害時の重要なたんぱく源...豆腐「常温で販売」解禁へ〔読売新聞〕

 2016年11月30日 11:15
プッシュ通知を受取る

 厚生労働省は29日、豆腐を常温で販売できるよう食品衛生法に基づく規格基準を見直す方針を決めた。

 同日開かれた同省の専門部会で、高度な殺菌や包装の技術を使用すれば常温保存でも安全性に問題がない、と判断した。今後、食品安全委員会の評価などを経て、実際の販売開始は1〜2年後になる見通し。

 1974年に定められた規格基準で、豆腐は冷蔵での保存が義務付けられている。一方、国内メーカーは86年から常温保存用の豆腐を海外に輸出しており、2014年には業界団体が、豆腐は災害時の重要なたんぱく源になるとして、基準の見直しを要望。厚労省が安全性を調査していた。

(2016年11月30日 読売新聞)

ヨミドクター

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  yomiDr. »  災害時の重要なたんぱく源...豆腐「常温で販売」解禁へ〔読売新聞〕

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10505811 有効期限:10月末まで