メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 yomiDr.へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

アトピー性皮膚炎、かゆみの仕組みを解明...抑制薬開発に期待〔読売新聞〕

yomiDr. | 2017.01.10 15:00

 九州大生体防御医学研究所の福井宣規(よしのり)主幹教授(免疫遺伝学)の研究グループは、アトピー性皮膚炎のかゆみの原因となる物質を増やすたんぱく質を発見したと発表した。

 このたんぱく質の働きを阻害することで、かゆみの発症を抑える薬の開発が期待できるとしている。英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」(電子版)に9日掲載された。

 アトピー性皮膚炎の患者では、リンパ球の一種から分泌されるインターロイキン31(IL31)という物質が血中に異常に増えていることが分かっている。かゆみを起こす原因として注目されているが、IL31がつくられる詳しい仕組みは解明されていなかった。

 研究グループは、遺伝子操作でIL31の過剰分泌による皮膚炎を起こさせたマウスと、健康なマウスを比較して調べた。すると、遺伝子操作したマウスでは、「EPAS1(イーパスワン)」というたんぱく質が増えることでIL31の分泌を促進していることが分かった。アトピー性皮膚炎患者の血液を用いた実験でも、同様の結果が起きることが確認された。

(2016年1月10日 読売新聞)

ヨミドクター

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  yomiDr. >  アトピー性皮膚炎、かゆみの仕組みを解明...抑制薬開発に期待〔読売新聞〕