メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  CBnews »  今シーズンのインフル患者550万人に迫る〔CBnews〕

今シーズンのインフル患者550万人に迫る〔CBnews〕

17県で警報レベル

 2017年01月31日 15:40

 今シーズン(昨年9月以降)にインフルエンザで医療機関を受診した患者が550万人近くに達したことが27日、厚生労働省が公表した患者報告で分かった。17県で警報レベルとなっており、流行が本格化している地域の自治体は、人混みや繁華街への外出を控えるよう呼び掛けている。

 16日から22日までの週に全国の医療機関を受診した推計患者数は、前週より約62万人増の約161万人で、年齢別では5-9歳が約26万人で最も多かった。今シーズンの全国の累計患者数は約547万人となった。

 この週の全国の患者報告数(定点医療機関約5000カ所)は、前週比約1.9倍の定点当たり28.66人。17県で警報の基準値(30.0人)を上回った。

 都道府県別では、宮崎が42.53人で最も多く、以下は愛知(42.46人)、埼玉(38.51人)、千葉(37.9人)、大分(35.6人)、福井(34.94人)、福岡(34.29人)、岡山(34.18人)、山梨(34.0人)、広島(33.9人)、神奈川(33.64人)、静岡(33.2人)、佐賀(32.1人)、長野(32.02人)、三重(31.86人)、山口(30.75人)、徳島(30.05人)、愛媛(29.44人)、宮城(29.41人)、群馬(28.96人)などの順だった。

 なお、東京都は国が定める警報基準値の30.0人に達していないものの独自の基準で26日に「警報」を発令している。

 ウイルスの検出状況については、直近の5週間ではAH3亜型の検出割合が最も多く、次いでB型、AH1pdm09の順だった。

cb170104_pho.jpg

(2017年1月27日 新井哉・CBnews)

CBnews

follow us in feedly

コメント機能は会員限定サービスです。

ランキング

  1. 1

    脳神経外科で手術部位の左右取り違え

  2. 2

    【Essay】脳神経外科の想い出。団塊の世代の終焉。

  3. 3

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  4. 4

    今話題の「筋膜リリース」ってなんだ?!

  5. 5

    私立大学医学部の方、どのような基準で受験大学を選びましたか?(医師からの投稿)

  6. 6

    【寄稿】花粉症治療の"やめどき"を示す線とは

  7. 7

    Q:自殺率が高い国は?

  8. 8

    C型肝炎治療薬Vosevi配合錠を承認、FDA

  9. 9

    医原性サルコペニアの防止

  10. 10

    小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    創洗浄はタラタラ洗えばよい。石鹸を使うと再手術率が増える!

  2. 2

    ビタミンCの大復活来るか!?

  3. 3

    小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い

  4. 4

    サルコペニアを来さない体重減量法とは

  5. 5

    動脈硬化予防GL5年ぶりに改訂

  6. 6

    今話題の「筋膜リリース」ってなんだ?!

  7. 7

    貼るインフルワクチンの安全性確認

  8. 8

    BPSD、まず抗認知症薬を

  9. 9

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  10. 10

    除菌後の胃がんを見逃さない

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2017年 »  CBnews »  今シーズンのインフル患者550万人に迫る〔CBnews〕

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P07506329有効期限:7月末まで