メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 安全性情報へ戻る

アタラックスの「重大な副作用」改訂へ

「急性汎発性発疹性膿疱症」を追記

安全性情報 | 2017.02.14 17:45

 厚生労働省は2月14日、日本製薬団体連合会に対し、抗アレルギー薬のヒドロキシジン(商品名アタラックス)の添付文書の改訂を通達。国内および海外症例が集積したことなどを踏まえ、同薬の「使用上の注意」のうち「重大な副作用」の項に「急性汎発性発疹性膿疱症」を追記するよう指示した。同日には同薬の他、悪性黒色腫の治療薬であるBRAF阻害薬ベムラフェニブ(商品名ゼルボラフ錠240mg)についても添付文書の改訂指示が出されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  安全性情報 >  アタラックスの「重大な副作用」改訂へ