メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 yomiDr.へ戻る

大阪・中之島に再生医療拠点構想、基本方針を決定〔読売新聞〕

yomiDr. | 2017.02.17 14:55

 大阪市北区中之島4丁目の市有地を再生医療の拠点とする構想について、大阪府市と関西経済3団体でつくる協議会は16日、基本方針を決めた。

ym170216_pho.jpg

 市有地約1万2000平方メートルのうち西側の約7500平方メートルに、最先端の医療を受けられる病院を併設する「再生医療国際センター」を整備し、2021年度の開業を目指す。

 基本方針によると、同センターでは、再生医療の原材料となるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を保存する「細胞バンク」を設置するほか、細胞移植の安全性や有効性についてのデータ収集・分析、専門分野の人材育成も担う。併設の病院には、臨床研究用の病床50~100床を備える。整備費など詳細な計画は来年3月までにまとめる予定。

(2017年2月16日 読売新聞)

ヨミドクター

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  yomiDr. >  大阪・中之島に再生医療拠点構想、基本方針を決定〔読売新聞〕