メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

 CBnewsへ戻る

【中医協】介護給付費分科会との意見交換、2回実施へ〔CBnews〕

看取りや訪問看護、リハがテーマ

CBnews | 2017.03.16 07:15

 厚生労働省は、中央社会保険医療協議会(中医協)が15日に開いた総会で、社会保障審議会介護給付費分科会の委員との意見交換を、今月から2回に分けて実施する案を示し、承認された。

 同省の案によると、意見交換は22日と4月19日の2回に分けて開催する。主なテーマは4つあり、1回目で「看取り」と「訪問看護」、2回目で「リハビリテーション」と「関係者・関係機関の調整・連携」を取り上げる=表=。会合には、テーマに主に関わる委員だけが参加する。

cb170304_ph1.jpg

 医療保険サービスの報酬(診療報酬)については中医協、介護保険サービスの報酬(介護報酬)については介護給付費分科会が、それぞれ改定に向けて議論する場となる。原則として診療報酬は2年ごと、介護報酬は3年ごとに改定を行っており、来年春にタイミングが重なる。

 団塊世代が75歳以上となる2025年には、医療・介護の需要が大幅に増えると予想され、それまでに必要な提供体制を各地でつくる必要がある。厚労省は、準備期間を考えると、来年春の同時改定が「大きく舵を切ることができる実質的に最後の機会」になると見ている。

 同改定に向けた意見交換には、中医協などで具体的な議論を始める前に、医療・介護にかかわる課題などを明確にし、診療報酬と介護報酬の連携や調整を進める狙いがある。

 12年春の同時改定に向けても、中医協と介護給付費分科会の委員が意見交換した経緯がある。そのときの会合は1回だけだったが、これまでの中医協総会で委員から、来年春の改定に向けた会合は複数回開くべきといった意見が上がっていた。

(2017年3月15日 佐藤貴彦・CBnews)

CBnews

関連記事・ピックアップコンテンツ

  1. 1

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  2. 2

    「自転車とEDリスク」関連はあるのか

  3. 3

    食の欧米化で日本人は健康になる

  4. 4

    糖尿病足病変、日本は海外の1割

  5. 5

    糖尿病患者の便秘、腸内環境との関連は?

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  CBnews >  【中医協】介護給付費分科会との意見交換、2回実施へ〔CBnews〕

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05506738有効期限:5月末まで