メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  がん患者では自殺死亡リスクが50%上昇

がん患者では自殺死亡リスクが50%上昇

欧州の研究グループ、欧州精神医学会で報告

 2017年04月07日 11:00
プッシュ通知を受取る

 がん患者では、非がん患者に比べて自殺による死亡リスクが約50%高いことが、フランス・University of MontpellierのRaffaella Calati氏ら欧州の研究グループが実施したメタ解析で示された。研究グループは「中間解析の結果であるため今後さらなる研究で検証する必要がある」としているが、「がん患者では不安や抑うつだけでなく自殺念慮の評価も重要」との見解を示している。この解析結果は第25回欧州精神医学会(EPA 2017、4月1~4日、フィレンツェ)で発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  がん患者では自殺死亡リスクが50%上昇

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08506927 有効期限:8月末まで