メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

 yomiDr.へ戻る

受動喫煙対策で厚労省、自民に譲歩案...店頭表示で喫煙容認〔読売新聞〕

yomiDr. | 2017.05.18 13:10

 厚生労働省は17日、非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙への対策を強化する健康増進法改正案について、改正法施行後の一定期間に限り、小規模の居酒屋でも店頭表示などを条件に喫煙を認める譲歩案を自民党に提示した。

 ただ、党側は時限措置である点に難色を示しており、双方は今後も協議を続ける。

 厚労省の譲歩案は、店頭に喫煙可能と表示するほか、〈1〉従業員と利用客がいずれも20歳以上〈2〉従業員を雇う際や求人広告で受動喫煙の恐れがあることを明示〈3〉健康被害が生じる恐れがある警告表示――などの条件を満たせば、小規模な居酒屋でも喫煙を認めるという内容だ。

 ただ、時限措置の期間が過ぎれば、従来の厚労省案と同様、居酒屋を含む飲食店は原則禁煙(喫煙室設置可)とし、30平方メートル以下のバーやスナックなどに限って喫煙を認めることを明記した。厚労省は、時限措置の期間や面積基準は示しておらず、今後の協議では大きな焦点になりそうだ。

 譲歩案はまた「望まない受動喫煙」をなくすため、喫煙者に対し、家庭での受動喫煙防止や、本人の同意を得ずに喫煙可能な飲食店などに同伴しないよう、配慮を求める規定も明記した。

(2017年5月18日 読売新聞)

ヨミドクター

関連記事・ピックアップコンテンツ

  1. 1

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  2. 2

    「自転車とEDリスク」関連はあるのか

  3. 3

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  4. 4

    糖尿病足病変、日本は海外の1割

  5. 5

    糖尿病患者の便秘、腸内環境との関連は?

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  yomiDr. >  受動喫煙対策で厚労省、自民に譲歩案...店頭表示で喫煙容認〔読売新聞〕

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05508570有効期限:5月末まで