メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  yomiDr. »  毎日歩行、野菜摂取など...生活改善で「健康寿命」に2年余りの差も〔読売新聞〕

毎日歩行、野菜摂取など...生活改善で「健康寿命」に2年余りの差も〔読売新聞〕

 2017年07月13日 10:05

 適度な睡眠や毎日の歩行などの健康的な生活習慣を数多く取り入れている人ほど、介護を必要としない「健康寿命」が長いとの調査結果を厚生労働省の研究班が発表した。

 約1万人の高齢者を調査したところ、健康的な生活習慣を多く取り入れている人とそうでない人では、最大2年余りの差がみられた。

 国は、生活習慣の改善によって健康寿命を延ばすことを目標に掲げている。研究班は2006年12月、宮城県大崎市で65歳以上の住民に生活習慣などに関するアンケートを行い、9746人について、9年間追跡調査した。

 調査で「健康的な生活習慣」としたのは、非喫煙または禁煙して5年以上▽1日の平均歩行時間が30分以上▽1日の平均睡眠時間が6~8時間▽多めの野菜摂取▽多めの果物摂取――の5項目。これらの生活習慣の実践数と、死亡または要介護認定を受けるまでの期間の関係を調べた。

 その結果、実践数が0~1項目だった人と比べた健康寿命の差は、2項目ある人は11・5か月、3項目だと17・4か月、4項目だと23・9か月それぞれ長かった。5項目すべて行っている人では25・4か月にまで差が開いていた。

 研究をまとめた辻一郎・東北大学教授(公衆衛生学)は「健康的なライフスタイルを取り入れれば、健康寿命の延伸が期待できることを示唆する結果だ」としている。

毎日歩行、野菜摂取など...生活改善で「健康寿命」に2年余りの差も

(2017年7月12日 読売新聞)

ヨミドクター

follow us in feedly

コメント機能は会員限定サービスです。

ランキング

  1. 1

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  2. 2

    ご存知ですか?ケミカルコーピング

  3. 3

    1錠単回投与の新インフル薬

  4. 4

    前立腺全摘と経過観察で全死亡率に差なし

  5. 5

    CPAPに遠隔医療のニーズあり

  6. 6

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  7. 7

    ケミカルコーピングとプラセボ

  8. 8

    生きる上で最も必要とするものは?(医師からの投稿)

  9. 9

    乳房切除後の寡分割照射で良好な成績

  10. 10

    高齢者のための高血圧診療GLを公表

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    ビタミンCの大復活来るか!?

  2. 2

    創洗浄はタラタラ洗えばよい。石鹸を使うと再手術率が増える!

  3. 3

    小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い

  4. 4

    動脈硬化予防GL5年ぶりに改訂

  5. 5

    サルコペニアを来さない体重減量法とは

  6. 6

    今話題の「筋膜リリース」ってなんだ?!

  7. 7

    貼るインフルワクチンの安全性確認

  8. 8

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  9. 9

    BPSD、まず抗認知症薬を

  10. 10

    除菌後の胃がんを見逃さない

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2017年 »  yomiDr. »  毎日歩行、野菜摂取など...生活改善で「健康寿命」に2年余りの差も〔読売新聞〕

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P07509463有効期限:7月末まで