メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  HIV感染を2060年までに終息も可能

HIV感染を2060年までに終息も可能

 2017年12月26日 11:20
プッシュ通知を受取る

 全てのHIV感染者に抗レトロウイルス療法(ART)を今年(2017年)から実施できると仮定した場合、わが国のHIV感染を2060年ごろに終息できるという推計結果を国立国際医療研究センター臨床研究センターデータサイエンス部数理疫学研究室室長の尾又一実氏らがまとめた。現在ARTの実施率は推計で約70%であり、今年から100%実施するのは現実的に困難だが、世界的な目標である81%に設定したシナリオでは、終息までにはかなりの年月が必要となると推計。ただ、このシナリオでは2031年までにARTの累計費用を1,000億円程度の節減ができると試算された。この研究は第31回日本エイズ学会(11月24~26日)で発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  HIV感染を2060年までに終息も可能

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07512112 有効期限:7月末まで