メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  妊娠中PM2.5高曝露で児のテロメア長が短縮

妊娠中PM2.5高曝露で児のテロメア長が短縮

【海外短報】

 2018年01月11日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 母親の妊娠中の微小粒子状物質(PM2.5)に対する高レベルの曝露が新生児のテロメア長短縮と関係することを示す研究結果が、ベルギーなどのグループによりJAMA Pediatr2017; 171: 1160-1167)に発表された。

 テロメア長は生物学的老化のマーカーで、出生時のテロメア長は寿命に関係すると考えられている。同グループは、ベルギー・フランダース地方で2010年2月~14年12月に在胎37週以降で出生した正期産単胎児とその母親730組を登録。母親の妊娠中の居住地におけるPM2.5曝露と、臍帯血および胎盤のテロメア長に基づいて新生児のテロメア長との関係を検討した。

 解析対象は、臍帯血と胎盤テロメア長の全データが得られた641組。解析では分娩日、妊娠期間、母親のBMI・年齢、父親の年齢、新生児の性・民族、母親の出産回数・喫煙習慣・教育歴・妊娠中の合併症などを補正した。

 その結果、臍帯血と胎盤のテロメア長は妊娠中期のPM2.5曝露と有意な逆相関関係を示した。妊娠期間全体におけるPM2.5曝露の5μg/m3増加は、臍帯血白血球テロメア長の8.8%短縮および胎盤テロメア長の13.2%短縮と関係していた。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  妊娠中PM2.5高曝露で児のテロメア長が短縮

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08512173 有効期限:8月末まで